Wi-Fiルーターの買い替えで速度が爆あがり!

【法人向け】会社のネット速度が遅いなら専有型を検討|アルテリア光インターネットアクセス10Gbps|専用線|

3 min 763 views

私は本業では通信業に勤めて10年になり、日々、お客様からのネットに関する相談を受け、インターネットの利用についてアドバイスをしています。

会社のネット回線が遅くて困っているということはないですか?

規模によりますが、中規模から大規模の会社でネットの通信速度が低下して業務に支障をきたしている。

そんな状態であれば、「専有型」のネット回線の導入を検討しましょう。

また、社員数が多くても、ネット回線につないだ業務が少なく、通信するデータ容量が大きくないのであれば、一般家庭、小規模法人向けのIPv6対応サービスで十分です。

ご利用のネット回線の契約が、フレッツ光や光コラボなどのIPv6に対応したサービスか確認をして、対応したサービスでなければIPv6対応サービスへの切替をすすめましょう。

従来のネットの通信はIPv4という方式がメインでしたが、次世代のIPv6の通信が主流となりつつあります。

IPv4とIPv6を通信速度観点から解説していますので次の記事も参考にしてみましょう。

\ 法人専用のコールセンター有!法人ならではの悩みにも丁寧に相談してもらえる /

・プロバイダ25年以上の実績と信頼
・オフィスや店舗の回線として利用可能
・公共施設や介護施設、社宅、寮など幅広い用途も可能
・固定IPや独自ドメイン、セキュリティソフトなどビジネスに必要なサービスが揃っている。

お得なキャンペーン特典多数
特典1 月額料金12カ月間1,600円/月値引き&申込手数料0円
特典2 無線LANルータプレゼント
特典3 訪問サポート無料
※申込時期により特典が異なる場合があります。

【対応支払方法】
・預金口座振替
・銀行振込(コンビニ支払いも含む)
・請求書対応可能

法人ビッグローブ光

選ぶポイント

  • 光回線をもっていない、新規での開通なら「GMO光アクセス」
  • フレッツ光、光コラボ(ドコモ光、ソフトバンク光など)からの乗換なら「enひかり」
  • 携帯会社の割引を利用するなら「ドコモ光」、ソフトバンク光

社内のネットワーク環境において、IPv6化が難しい場合は「フレッツ・セッションプラス」を活用したIPv4によるPPPoEの複数接続で対策
「フレッツ・セッションプラス」活用方法

中規模から大規模になれば共有型ではなく、占有型の回線への切替を検討しましょう。

アルテリア光 インターネットアクセス10Gbps

専有型の回線って何?

「専有型」とは自分のところだけに専用の線を引き込んで利用するインターネットサービスです。

よくあるフレッツ光や光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光)のような「共有型」と違い、自分専用の線を引くので、他のユーザの利用する通信量などの影響を受けにくいサービスです。

\「専有型」回線 アルテリア光 インターネットアクセス10Gbps

どれくらいの人数が利用するなら占有型の回線が必要?

ではどのくらいの人数の人が社内でネットを使うのであれば、「共有型」ではなく「専有型」で使うべきなのでしょうか。

ネット回線を使う業務にもよりますが、ネット回線を使う人が20人から30人を超えたら、「専有型」を引くべきと考えます。

イメージしてみてください。例えば自宅でフレッツ光を使う際に家族5人だったとします。

それを、同じフレッツ光の回線を会社で使うのに、30人で使ったとすれば、それだけ通信が分散されますので、通信速度にも影響が出ます。

その点、「占有型」であれば、法人向けの品質の良い回線を自社専用に引き込みますので、通信が分散されても十分にまかなえるのです。

占有型回線のメリット、デメリット

それではここでは「専有型」回線のメリットとデメリットを見てみましょう。

デメリット
  • 値段が高くなりがち
  • 必ずしも占有型の回線が引き込めるわけではない
  • 開通工事までに時間を要する
メリット
  • 上下最大10Gbpsの高速通信も可能
  • 1社専有型による安定した通信
  • 一度工事すれば、簡単増速も可能
  • 値段が高くなりがち ⇒回線速度が快適になることで業務の効率化が可能!十分にもとが取れる。
  • 必ずも占有型の回線が引き込めるわけではない ⇒設備の空きがない場合もあり、その場合はIPv6回線やセッションプラスによるIPv4 PPPoEの活用
  • 開通工事までに時間を要する ⇒長期的に見れば、社内のインフラを整え未来への投資となる。早めに行動すべき。まずは資料請求や相談から

\「専有型」回線 アルテリア光 インターネットアクセス10Gbps

占有型回線の活用事例

「専有型」では次のような活用にも有効です。

活用事例
  • コンテンツ配信 動画などの大容量のコンテンツを配信するたの回線利用
  • クラウド接続 利用者が集中するクラウドサービスへの接続回線用
  • オフロード 社内のネットワークの負荷を軽減するため、オフロード用回線

占有型回線の開通までの流れ

それでは次に「専有型」の回線を引き込むにはどうすればよいのか、流れを見てみましょう。

  1. STEP

    見積依頼

    「専有型」の回線が必要となったら、まず見積をとってみましょう。

    • どこに引きたいのか
    • 契約期間はどの程度を想定しているか
    • 回線の数
    • どのくらいの通信量を必要とするのか などを相談して見積を作ってもらいましょう。
  2. STEP

    回線利用申込契約

    見積を出してもらい、問題なければ回線の申込をしましょう。

    因みに専用の回線を引く際にはダークファイバを利用することが多い。

    ダークファイバー(電気通信事業者や鉄道事業者等が敷設した光ファイバーのうち事業用として使用していないもの)※光が通ってなく、暗いのでダークファイバーと呼ぶ

  3. STEP

    光線路設備特定調査

    NTTの空き回線などないか申請する。

    回線に空きがないと、そもそも「専有型」の線を引き込めないことがあります。

  4. STEP

    通信事業者での回線詳細設計

    顧客の環境に応じて、回線の引き込みの経路などを設計してくれます。

  5. STEP

    現地調査(芯線・伝送)

    お客様ラック間までの配線ルートの確認や、ラックの空きスペースあるか、電源の空きはあるかなども確認

  6. STEP

    線路開通・線路試験

    開通までに1ヶ月から2ヶ月を要する

    また、新たに自前で線を引き込む場合は各種手続きでさらに時間がかかる。(警察や電柱所有者、道路の管理者などへの許可申請など)

  7. STEP

    伝送装置設置・回線試験

    • 電源やスペースをあらかじめ余裕をもって準備しておく
    • 設置場所は安全で安定した場所を選びます。
    • 開通作業時は立ち合いが必須です。

  8. STEP

    回線開通

    晴れて開通となります。

多くの企業で導入されている「アルテリア・ネットワークス」のインターネット回線

アルテリア・ネットワークスのインターネット回線は累計27,000回線以上導入されています。

実績もあるので、様々なノウハウも持っており、「専有型」の回線を引き込む際にも安心です。

現在、初期費用無償のキャンペーンも行っています。

導入に向けての相談窓口がありますので、不明な点、相談したいことなどあれば、お気軽に「アルテリア・ネットワークス」の相談窓口へ問い合わせてみましょう。

\「専有型」回線 アルテリア光 インターネットアクセス10Gbps

▼小から中規模の会社におすすめのIPv6対応サービス

おすすめのIPv6対応 光サービス

enひかり

enひかり

✅ 光コラボの最安値水準の料金

✅ 契約期間のしばり、違約金なし

✅ 通信の混雑を受けない次世代のIPv6のサービスに対応

✅ 法人利用・口座振替可能

GMO光アクセス

✅ 新規で光回線を引きたい人におすすめ

✅ GMO光アクセスのv6プラスは料金コミコミで安心の速度

✅ 携帯各社の低価格プランと相性がよいのはお互い「シンプルで単体で安い」から

✅ GMO光アクセスはシンプルに激安、激速を求める人におすすめ!

GMOとくとくBB ドコモ光

✅ ドコモの携帯を利用なら割引されるのでおすすめ!

✅ GMOとくとくBB ドコモ光 のv6プラスは料金コミコミで安心の速度

✅ 法人利用も可能!

ソフトバンク光

✅ ソフトバンクの携帯を利用なら割引されるのでおすすめ!

✅ 4年連続、選ばれてNo.1

✅ 法人利用も可能!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です