IPv6/Wi-Fi6対応の激速ルーター情報はこちら

IPv6 IPoEはセッション数を使わない IPv4 PPPoEとの併用は可能|セッションプラス|マルチセッション|

5 min 1,821 views

私は本業では通信業に勤めて10年になり、日々、お客様からのネットに関する相談を受け、インターネットの利用についてアドバイスをしています。

今回はフレッツ光や光コラボでの「セッション数」に関して紹介します。

PPPoEによるセッション数はフレッツ光も光コラボも標準で「2セッション」です。

そして、IPv6 IPoEはこのセッション数に含まれません。

ここではPPPoEによるセッション数は標準で2セッション、セッション数を追加する方法や、IPv6 IPoEはセッション数に含まれないこと、PPPoEとIPoE併用、通信の使い分け方法を紹介します。

この記事でお伝えする内容

 

✅ PPPoEのセッション数は標準で2セッション

✅ IPv6 IPoEはセッション数に含まれない

✅ ひかり電話がセッション数を1つ消費する?

✅ セッション数を追加する方法

✅ PPPoEのセッションとIPv6 IPoEの接続の使い分け

\プロバイダ契約 2ヶ月無料/

◎フレッツ光/光コラボでもプロバイダ単独契約が可能
◎フレッツ接続 ZOOT NEXT(IPv4 PPPoEサービス)
固定IPサービスも豊富 固定IPはIP1〜128に対応固定IPはこちら
固定IPは最速3分で発行可能固定IPはこちら
◎クレジットカード支払いなら即時利用可能
2ヶ月無料、気にいらなければ翌月末までの解約で請求なし
契約期間の縛りも違約金もなし

PPPoEのセッション数は標準で2セッション、IPv6 IPoEはそのセッション数には含まれない

PPPoEのセッション数は標準で2セッション、IPv6 IPoEはそのセッション数には含まれない

最近ではIPv6 IPoE(v6プラスやtransix、OCNバーチャルコネクトなど)による通信が主流となってきていますが、中にはIPv4 PPPoEでなければ通信できないものなどもあり併用しての利用を希望の方もいます。

そんな時にIPv6 IPoEで接続していると IPv4 PPPoEの接続はできないのかと尋ねられることがありますが、そんなことはありません。併用して利用可能です。

ただし、プロバイダによっては契約上、IPv6 IPoEを利用することでIPv4 PPPoEのサービスが無効になるところが多くあります。これはサービス提供のために2重の設備費用が発生するためです。

IPv4 PPPoEの接続が必要な場合、同じプロバイダで別契約をしてもよいし、別のプロバイダでプロバイダサービス部分(IPv4 PPPoE)だけの接続契約を新たに結べばOKです。

標準で IPv6 IPoEの接続をしていて、別で用意したIPv4 PPPoEによる設定を行ってもPPPoEのセッション数は1つ消費されるだけです。

IPv6 IPoEとIPv4 PPPoEを使い分けたい方でも1つずつ接続環境があればそれで事足りる方も多いでしょう。

ですが、中にはIPv4 PPPoEの接続環境が2回線以上必要という方もいるはずです。

そんな方でもIPv4 PPPoEのセッション数が標準で2つあり、IPv6 IPoEはセッション数に含まれないので、問題なく利用可能です。

\フレッツ光・光コラボのプロバイダ契約 539円〜/

◎フレッツ光/光コラボでもプロバイダ単独契約が可能
◎クレジットカード支払いなら即時利用可能
申し込み月は料金無料
◎プロバイダの乗換も新規申込みでもOK

ひかり電話がセッション数を1つ占有してしまう?

ひかり電話がセッション数を1つ占有してしまう?

実は「ひかり電話」はセッション数を1つ占有してしまいます。

それだとIPv4 PPPoEの接続を2つすることはできないのかといわれると、そんなことはありません。

「ひかり電話」がセッション数を占有するのはホームゲートウェイの起動時のみです。

仮にIPv4 PPPoEの接続を2つ、IPv6 IPoEの接続が1つの環境で利用していたとして、そこに「ひかり電話」が加ったとしても、ホームゲートウェイの起動時のみセッションを消費するだけなので、占有する時間もせいぜい1分前後です。

セッションを分けるのはどんなとき?

セッションを分けるのはどんなとき?

ではどんな状況のときにセッションをわけてつなげるとよいのでしょうか。

セッションを分ける利用例

 

✅ 家族や会社の部署単位で接続をわけたい

✅ 障害時などに、予備回線として使いたい

✅ IPv6 IPoEに向かないVPN接続や特定のオンラインゲームなどのためにIPv4 PPPoEを別途使いたい

最近ではテレワークが進み、自宅から会社のネットワークにVPN接続をする方も増えていますが、IPv6 IPoEをメインで利用していると、テレワークのシステムによっては利用できないVPN接続などもあります。

普段は混雑による速度低下の影響を受けにくいIPv6 IPoEを利用して、特定の環境時のみIPv4 PPPoEを使えるようにしておきましょう。

\プロバイダ契約 2ヶ月無料/

◎フレッツ光/光コラボでもプロバイダ単独契約が可能
◎フレッツ接続 ZOOT NEXT(IPv4 PPPoEサービス)
固定IPサービスも豊富 固定IPはIP1〜128に対応固定IPはこちら
固定IPは最速3分で発行可能固定IPはこちら
◎クレジットカード支払いなら即時利用可能
2ヶ月無料、気にいらなければ翌月末までの解約で請求なし
契約期間の縛りも違約金もなし

セッション数を追加する方法 NTT東西にセッションプラスの申込が可能

セッション数を追加する方法 NTT東西にセッションプラスの申込が可能

それではセッション数が2つでは足りないというときに、それ以上接続することはできないのでしょうか。

これは、NTT東西にセッションプラスの申込をすることにより、セッション数を増やすことが可能です。

▼セッションプラスのセッション数と費用

フレッツ・セッションプラス基本セッション数最大セッション数月額(1セッション)
フレッツ光ファミリー25まで330円
マンション25まで
ビジネス220まで
フレッツADSL25まで

なお、セッションを増やすのに、基本工事費 1,100円(1工事ごと)と交換機等工事費 1,100円(1契約者回線ごと)がNTTへの支払いとして必要です。

セッションプラスの申込方法 該当の光回線からの申込が必須

セッションプラスはNTT東西のサイトから申込をする必要があります。

NTT東日本 セッションプラス

NTT西日本 セッションプラス

申込の際に契約の光回線を認識する必要があるため、契約回線と有線かWiFiでつないだパソコンやスマホからの申込が必要です。

また、申込には次の情報も必要なので確認しておきましょう。

セッションプラス申込に必要な条件

 

✅ フレッツ光もしくは光コラボの契約回線からのアクセス

✅ お客様ID

✅ アクセスキー

契約している回線からしか、申込サイトにアクセスできないので、別のネット環境(職場ネット環境や携帯会社回線)では手続きできない点に注意ください。

お客様IDとアクセスキーは契約時に発行されているので、フレッツ光であればNTT東西の契約書、光コラボであれば光コラボ事業者の契約書を確認しましょう。

契約時の情報を紛失しているようであれば、契約元に再発行の相談をしましょう。

▼ログイン画面

NTT東西もしくは光コラボ事業者から発行されている「お客様番号」「アクセスキー」を入力します。

セッションプラス 申込み

▼アクセスキーの変更画面

アクセスキーは初期値から変更を求められます。

セッションプラス 申込み

▼アクセスキーを忘れたときの秘密の質問の設定

アクセスキーを忘れたときのために秘密の質問を設定できます。

全ての秘密の質問を登録する必要はありません。私はひとつだけ登録しておきました。

セッションプラス 申込み

▼セッションプラス他、NTTのオプションサービスの確認

次の画面に進むとセッションプラスの契約状態や他のNTTのオプションサービスの契約状況が確認できます。

セッションプラス 申込み

▼セッションプラスの利用状況詳細

「フレッツ・セッションプラス」の「詳細・申込・変更」ボタンをクリックすると次の画面が表示されます。

セッションプラス 申込み

▼セッションプラス申込者情報の入力

「新規申し込み」ボタンをクリックすると申込者情報入力の画面に進みますので、必要な情報を入力します。

セッションプラス 申込み

▼セッションプラスの申込数の選択

次にセッションプラスの申込数(追加セッション数)を選択します。

標準で2つあり、追加で合計5個まで増やせます。(フレッツ光と光コラボ同様。一部例外のフレッツ光契約はあり)

セッションプラス 申込み

▼セッションプラス申込確認画面

セッションプラスの申込数に応じて、月額費用と工事費が表示されます。

請求はフレッツでもコラボでもNTT東西からとなります。

セッションプラス 申込み

PPPoEのセッションとIPv6 IPoEの接続の使い分け例を紹介

PPPoEのセッションとIPv6 IPoEの接続の使い分け例を紹介

PPPoEのセッションとIPv6 IPoEの接続の使い分け方法を紹介します。 

ホームゲートウェイがなければONUにHUBをつないで分配する

マルチセッションが可能なルータで複数の接続を行う方法もありますが、ネットがつながらないときに原因の切り分けがしづらいので、HUBをつないで分配するのをおすすめします。

IPv6 IPoE IPv4 PPPoE セッション数

ホームゲートウェイがなく、HUBを使わずにIPv6 IPoEとIPv4 PPPoEを使い分けたい場合

上記でお伝えしたのはHUBを間に挟む形でしたが、HUBを入れなくてもIPv6 IPoEとIPv4 PPPoEの併用は可能です。

IPv6 IPoE IPv4 PPPoE セッションプラス

この際、IPv4 PPPoEをで接続したルータの配下はあくまでIPv4 PPPoEの通信になるので、IPv6 IPoEサービス(v6プラスなど)の速度環境が得られるわけではありませんので注意ください。

ホームゲートウェイがない場合でONU配下にIPv6 IPoEとIPv4 PPoEを複数つなぎたい場合

IPv6 IPoEはセッション数を使わないので、標準の2セッションで以下の図のような利用方法も可能です。

IPv6 IPoE IPv4 PPPoE セッション数

ホームゲートウェイがあれば、配下にWiFiルータをつないで接続をわける。

Pv6 IPoE の接続はv6プラスなど、ホームゲートウェイに配信する形で使えるサービスもあるため、そういった機種ではIPv6 IPoE配下でWiFiルータを追加、IPv4 PPPoEも併用したい場合、以下の図のように分けることができます。

IPv6 IPoE IPv4 PPPoE セッション数

このとき、Pv4 PPPoEで接続するルータは「ルータモード」で接続します。

また、ホームゲートウェイがIPv6 IPoEに対応していれば、配下に取り付けるアクセスポイントーモード用のWiFiルータはIPv6 IPoEに対応している必要はありません。

IPv6 IPoEの提供元によってはホームゲートウェイに対応していないサービスもあるので、その場合はホームゲートウェイをIPv4 PPPoE接続にして、配下のルータをIPv6 IPoEで接続する方法も取れます。

IPv6 IPoEのサービスがどこに配信されるのか、ホームゲートウェイなのか、WiFiルータなのか、不明な場合は契約しているプロバイダに確認をしておきましょう。

プロバイダ契約は安さならGMO、固定IPの豊富さならインターリンクがおすすめ

プロバイダ契約は安さならGMO、固定IPの豊富さならインターリンクがおすすめ

複数セッションを使い分けたいときに、プロバイダはどこと契約をすれば良いか。

おすすめのプロバイダは2つ、GMOとインターリンクです。

インターリンクは複数セッションの接続について公式でも案内しているので安心できますね。

インターリンク フレッツ接続のマルチセッションとは

公式サイトへのリンクを貼っておきます。

\プロバイダ契約 2ヶ月無料/

◎フレッツ光/光コラボでもプロバイダ単独契約が可能
◎フレッツ接続 ZOOT NEXT(IPv4 PPPoEサービス)
固定IPサービスも豊富 固定IPはIP1〜128に対応固定IPはこちら
固定IPは最速3分で発行可能固定IPはこちら
◎クレジットカード支払いなら即時利用可能
2ヶ月無料、気にいらなければ翌月末までの解約で請求なし
契約期間の縛りも違約金もなし

\フレッツ光・光コラボのプロバイダ契約 539円〜/

◎フレッツ光/光コラボでもプロバイダ単独契約が可能
◎クレジットカード支払いなら即時利用可能
申し込み月は料金無料
◎プロバイダの乗換も新規申込みでもOK

PPPoEセッション数とIPv6 IPoEの接続を用途に応じてうまく使い分けましょう

PPPoEセッション数とIPv6 IPoEの接続を用途に応じてうまく使い分けましょう

最近ではフレッツ光/光コラボのインターネット回線の接続はv6プラスやtransix、OCNバーチャルコネクトなどのIPv6 IPoEが主流となっています。

利用するサービスによってはIPv6 IPoEとの相性が悪いものもありますので、その場合は別途IPv4 PPPoE接続の環境を整える方法があります。

上手にIPv6 IPoEとIPv4 PPPoEを使い分けましょう。

この記事でお伝えした内容

 

✅ PPPoEのセッション数は標準で2セッション

✅ IPv6 IPoEはセッション数に含まれない

✅ ひかり電話がセッション数を1つ消費するがHGW起動時だけ

✅ セッション数を追加する方法

✅ PPPoEのセッションとIPv6 IPoEの接続の使い分け

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です